最後に編集されたのは 管理者
14.01.2021 | 歴史

犠牲 わが息子・脳死の11日

  • 91 読みたい
  • 64 現在読んでいるもの

発行元 小松美彦 .

    Download 犠牲 わが息子・脳死の11日 本 Epub や Pdf 無料, 犠牲 わが息子・脳死の11日, オンラインで書籍をダウンロードする 犠牲 わが息子・脳死の11日 無料で, 本の無料読書 犠牲 わが息子・脳死の11日オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 犠牲 わが息子・脳死の11日 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  柳田邦男
    • レーベル:  文春文庫
    • 発売日:  2014年08月08日
    • 出版社:  文藝春秋
    • 商品番号:  4390000001923
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「脳が死んでも体で話しかけてくる」冷たい夏の日の夕方、25歳の青年が自死を図った。彼は意識が戻らないまま脳死状態に。生前、心を病みながらも自己犠牲に思いを馳せていた彼のため、父・柳田邦男は思い悩んだ末に臓器提供を決意する。医療、脳死問題にも造詣の深い著者が最愛の息子を喪って動揺し、苦しみ、生と死について考え抜いた最後の11日間。その日々を克明に綴った感動の手記。

あなたも好きかもしれません

犠牲 わが息子・脳死の11日 (文春文庫) by 小松美彦 ダウンロード PDF EPUB F2