最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第5巻 (幻冬舎文庫)

  • 92 読みたい
  • 29 現在読んでいるもの

発行元 大鐘稔彦 .

    Download 孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第5巻 (幻冬舎文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第5巻 (幻冬舎文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第5巻 (幻冬舎文庫) 無料で, 本の無料読書 孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第5巻 (幻冬舎文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第5巻 (幻冬舎文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  大鐘稔彦
    • レーベル:  幻冬舎文庫
    • シリーズ名:  孤高のメス
    • 発売日:  2011年03月02日
    • 出版社:  幻冬舎
    • 商品番号:  4380000400100
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    卜部大造が急死した。すぐに後任の教授選が始まり実川も名乗りを上げる。折しも、実川のもとに脳死肝移植の依頼が飛び込んだ。成功すれば間違いなく教授の座を射止められるが、失敗すれば万事休すだ。一方、当麻の身辺も慌ただしくなる。翔子の父大川町長は肝硬変が進んで危篤に陥った。当麻は肝臓移植が救命し得る最後の手段だと告げるが…。

あなたも好きかもしれません

孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第5巻 (幻冬舎文庫) by 大鐘稔彦 ダウンロード PDF EPUB F2