最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

教養としてのアート 投資としてのアート

  • 3 読みたい
  • 44 現在読んでいるもの

発行元 末永幸歩 .

    Download 教養としてのアート 投資としてのアート 本 Epub や Pdf 無料, 教養としてのアート 投資としてのアート, オンラインで書籍をダウンロードする 教養としてのアート 投資としてのアート 無料で, 本の無料読書 教養としてのアート 投資としてのアートオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 教養としてのアート 投資としてのアート 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  徳光健治
    • 発売日:  2019年04月12日
    • 出版社:  クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
    • 商品番号:  4694295402940
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ///みんなが知りたい! アートの値段。10万円で買った作品は将来何倍になるのか?///


    ビジネスで「アート」が注目されている。先の見えない時代だからこそ、論理ではなく感性がキーになる。その流れの中でアート思考がビジネスの現場で使われ、アートの教養も問われ始めている。

    本書は、みんながわかっているようで、じつはわかっていない、アートの世界を「教養」と「投資」という切り口で紹介していく。

    著者はタグボートというECサイトを運営し、現代アートを取り扱い、日夜アートの啓蒙活動をしている。

    「投資」という視点でみると、アートの「教養」も従来のものではなく、買った後に価値を生むための「審美眼」というものになる。その審美眼を磨くための情報としてまとめられているのが本書だ。

    ビジネス教養は日々急速に変化しているが、本書はその流れを受けて、「新時代のビジネス教養書」として読んでもらいたいアート本である。

あなたも好きかもしれません

教養としてのアート 投資としてのアート by 末永幸歩 ダウンロード PDF EPUB F2