最後に編集されたのは 管理者
18.11.2020 | 歴史

左京区恋月橋渡ル

  • 66 読みたい
  • 47 現在読んでいるもの

発行元 瀧羽麻子 .

    Download 左京区恋月橋渡ル 本 Epub や Pdf 無料, 左京区恋月橋渡ル, オンラインで書籍をダウンロードする 左京区恋月橋渡ル 無料で, 本の無料読書 左京区恋月橋渡ルオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 左京区恋月橋渡ル 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  瀧羽麻子
    • シリーズ名:  左京区
    • 発売日:  2015年02月27日
    • 出版社:  小学館
    • 商品番号:  4321823490002
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    とびきりピュアでキュートな初恋純情小説!


    毎朝六時半のラジオ体操ではじまり、「いただきます」の声を合図に、ほかほかの朝食が食堂のテーブルに並ぶ。京都の左京区の学生寮で四年間なじんだ生活は、山根が大学院生になった春からもつづいている。寮には、生物学科の安藤や電気電子工学科の寺田、たまに顔を出す数学科の龍彦も含め、趣味と研究を偏愛しすぎるゆかいな仲間ばかり。山根も例外ではない。工業化学科でエネルギーを研究しつつも、花火をはじめ何かが燃える様子を見ているだけで気持ちがたかぶり、「爆薬担当」とからかわれるほどだ。当然、異性のことなんて頭の片隅にもなかったのだがーー。

     糺の森を訪れたその日、突然の雷雨に浮かび上がる満開の山桜の向こうに、白いワンピースを着た女のひとがいた。ずぶ濡れになった山根は熱を出し、熱が下がってからもなにやら調子がおかしい。そして、龍彦のガールフレンドの花にたやすく言い当てられる。「山根くん、もしかして好きなひと、できた?」。花は言う、もう一度“姫”に会いたければ、下鴨神社に毎日参拝すべしーーと。

     葵祭や五山送り火、京都ならではの風物を背景に、不器用な理系男子のみずみずしい恋のときめきを愛おしく描いた長編、初恋純情小説の決定版!

あなたも好きかもしれません

左京区恋月橋渡ル by 瀧羽麻子 ダウンロード PDF EPUB F2