最後に編集されたのは 管理者
11.01.2021 | 歴史

地名でわかる水害大国・日本 (祥伝社新書)

  • 59 読みたい
  • 21 現在読んでいるもの

発行元 八幡和郎 .

    Download 地名でわかる水害大国・日本 (祥伝社新書) 本 Epub や Pdf 無料, 地名でわかる水害大国・日本 (祥伝社新書), オンラインで書籍をダウンロードする 地名でわかる水害大国・日本 (祥伝社新書) 無料で, 本の無料読書 地名でわかる水害大国・日本 (祥伝社新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 地名でわかる水害大国・日本 (祥伝社新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  楠原佑介
    • レーベル:  祥伝社新書
    • 発売日:  2017年02月24日
    • 出版社:  祥伝社
    • 商品番号:  4681212662312
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    大水の出る場所は、決まっている! 地名研究半世紀の成果がここに! 災害大国・日本でもことさら多いのが水害。この四半世紀で1300件以上発生し、死者・行方不明者は1700名近くにのぼる。なぜ、これほどまでに多いのか? 自然の宿命もさることながら、水の出やすい旧城下町に人口が集中していることも大きく、人災である側面も否めないのだ。繰り返される水害を防ぐべく、古(いにしえ)より人は地名に思いをこめて警鐘を鳴らしてきた。かつては海であり、沼沢(しょうたく)や砂地、川があった場所、何度も土地が崩れた地点には、必ず鍵となる語が地名に残されている。例えば、崎、龍、瀬、狛、駒ーーの字が警告するものは何か? この日本で危ない場所は、すでに決まっている!

あなたも好きかもしれません

地名でわかる水害大国・日本 (祥伝社新書) by 八幡和郎 ダウンロード PDF EPUB F2