最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

BASARA(20) (フラワーコミックス)

  • 27 読みたい
  • 71 現在読んでいるもの

発行元 田村由美 .

    Download BASARA(20) (フラワーコミックス) 本 Epub や Pdf 無料, BASARA(20) (フラワーコミックス), オンラインで書籍をダウンロードする BASARA(20) (フラワーコミックス) 無料で, 本の無料読書 BASARA(20) (フラワーコミックス)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 BASARA(20) (フラワーコミックス) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  田村由美
    • レーベル:  フラワーコミックス
    • シリーズ名:  BASARA
    • 発売日:  2012年12月20日
    • 出版社:  小学館
    • 商品番号:  4321829580020
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    朱里は今、黒の有志軍の先陣をきり民衆の側に立っている。国王に敵対してはいる朱里だが、更紗(さらさ)の仲間の一部、とくに白虎の村出身の者は、更紗と赤の王である朱里の仲に激しく反発していた。そんな時、更紗たちは国王の住む京都に迫った。京都の街は今、夜間外出禁止令が出されていた。夜歩くだけで不審と見なされて斬り殺されてしまう。揚羽(アゲハ)は夜の京都で、国王側の高官たちを暗殺していった。一方、タタラ軍では、浅葱(あさぎ)が戦術的に軍師の役割を果たすようになり連戦連勝と破竹の勢いだった。だが、京都では、国王軍の最後の切り札とも言える“石榴(ざくろ)計画が密かに進行していて!?

あなたも好きかもしれません

BASARA(20) (フラワーコミックス) by 田村由美 ダウンロード PDF EPUB F2

私の人生で最高のコミックです。 何度読んでも感動します、涙が溢れます。 リアルで読んでいた当時はナギ、揚羽、そして朱里の言葉で救われた事も数多くあり、最近になって電子書籍で購入し直しました。 いつの時代でも通用する物語なので現在の若者にも是非読んで欲しいです。