最後に編集されたのは 管理者
27.01.2021 | 歴史

結愛へ 目黒区虐待死事件 母の獄中手記

  • 2 読みたい
  • 12 現在読んでいるもの

発行元 杉山春 .

    Download 結愛へ 目黒区虐待死事件 母の獄中手記 本 Epub や Pdf 無料, 結愛へ 目黒区虐待死事件 母の獄中手記, オンラインで書籍をダウンロードする 結愛へ 目黒区虐待死事件 母の獄中手記 無料で, 本の無料読書 結愛へ 目黒区虐待死事件 母の獄中手記オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 結愛へ 目黒区虐待死事件 母の獄中手記 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  船戸優里
    • シリーズ名:  結愛へ 目黒区虐待死事件 母の獄中手記
    • 発売日:  2020年02月07日
    • 出版社:  小学館
    • 商品番号:  4320000003264
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    彼女は、あなただったかもしれない。


    2018年3月、東京都目黒区で当時5歳の少女、結愛ちゃんが息絶えた。十分な食事を与えられておらず、父親から暴力を受けていたことによる衰弱死だった。警視庁は傷害容疑で父親を逮捕。6月に父親を保護責任者遺棄致死容疑で再逮捕する際、母親・船戸優里も逮捕する。


    本書は、2019年9月、第一審で懲役8年の判決を下された母親が、罪と向き合いながら綴った悲しみの記録である。


    〈2018年6月7日、私は娘を死なせたということで逮捕された。いや「死なせた」のではなく「殺した」と言われても当然の結果で、「逮捕された」のではなく「逮捕していただいた」と言った方が正確なのかもしれない〉


    〈結婚式直後のころと思う。何が原因だったか今となってはわからない。結愛が床に寝転がっていたとき彼が横から思い切り、結愛のお腹を蹴り上げた。まるでサッカーボールのように。私の心はガラガラと音を立てて崩れていった〉


    〈私は、正座しながら説教を受け、それが終わると「怒ってくれてありがとう」と言うようになった。(略)私にとって説教とはしかられて終わりではなく、その後、彼に納得のいく反省文を提出し、許しをもらうまでの流れをいう〉

あなたも好きかもしれません

結愛へ 目黒区虐待死事件 母の獄中手記 by 杉山春 ダウンロード PDF EPUB F2

この人は進む道がまちがっただけで どこにでもいるお母さんだったんだろうと思った 切ない
お母さんもゆあちゃんを愛していたのに、あまりに弱くてこんな結果になったんだと分かった。
女性は男性に支配されてはいけない。まわりに助けを求めて、子供のために強く生きてほしい。
愚かな男の言いなりにならないで。
ゆあちゃんはママを愛していたし、ママも確かにゆあちゃんを愛していたのに、こんな結果になって本当に悲しい。