最後に編集されたのは 管理者
25.12.2020 | 歴史

文学こそ最高の教養である (光文社新書)

  • 9 読みたい
  • 89 現在読んでいるもの

発行元 ハンス・ロスリング .

    Download 文学こそ最高の教養である (光文社新書) 本 Epub や Pdf 無料, 文学こそ最高の教養である (光文社新書), オンラインで書籍をダウンロードする 文学こそ最高の教養である (光文社新書) 無料で, 本の無料読書 文学こそ最高の教養である (光文社新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 文学こそ最高の教養である (光文社新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  駒井稔, 光文社古典新訳文庫
    • レーベル:  光文社新書
    • シリーズ名:  文学こそ最高の教養である
    • 発売日:  2020年07月15日
    • 出版社:  光文社
    • 商品番号:  4480000094535
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    混迷の深まる現代に、何らかの指針を求めつつ、現実世界をひたむきに生きる人々にとって、文学は「即興性のない教養」として魅力的、かつ有用な存在ではなかろうか。「光文社古典新訳文庫」を立ち上げた駒井稔が、その道の専門家である翻訳者14人に初歩的なところから話を聞いた。肩の力を抜いて扉を開け、名翻訳者達の語りを聞くうちに、しだいに奥深くまで分け入っていく……。紀伊國屋書店新宿本店の大人気イベントの書籍化。

あなたも好きかもしれません

文学こそ最高の教養である (光文社新書) by ハンス・ロスリング ダウンロード PDF EPUB F2