最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

BASARA(11) (フラワーコミックス)

  • 75 読みたい
  • 66 現在読んでいるもの

発行元 田村由美 .

    Download BASARA(11) (フラワーコミックス) 本 Epub や Pdf 無料, BASARA(11) (フラワーコミックス), オンラインで書籍をダウンロードする BASARA(11) (フラワーコミックス) 無料で, 本の無料読書 BASARA(11) (フラワーコミックス)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 BASARA(11) (フラワーコミックス) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  田村由美
    • レーベル:  フラワーコミックス
    • シリーズ名:  BASARA
    • 発売日:  2012年12月20日
    • 出版社:  小学館
    • 商品番号:  4321829580011
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    残る最後の宝刀「玄武の刀」を持っているという東北の鹿角(かづの)。鹿角の人たちと連絡を取るために向かったタタラ軍の正太とハヤト。だが、戻ってきたのは衰弱しきった正太だけだった。その時、死んだと思われていた赤の王が四国で生きていたという情報が入ってきた。赤の王が四国を制したら次に狙われるのが、桜島の朱雀(すざく)の村だと考えた更紗(さらさ)は共に赤の王を討つため、鹿角と同盟を結びに全速で東北へ向かった。消息を絶ってしまったハヤトの安否を気にする更紗。国の入口“増長(ますなが)の柵”に着いた更紗たちは、国に入る坑道に足を踏み入れる。邪心がなければ、無事抜けられるというが!?

あなたも好きかもしれません

BASARA(11) (フラワーコミックス) by 田村由美 ダウンロード PDF EPUB F2

私の人生で最高のコミックです。 何度読んでも感動します、涙が溢れます。 リアルで読んでいた当時はナギ、揚羽、そして朱里の言葉で救われた事も数多くあり、最近になって電子書籍で購入し直しました。 いつの時代でも通用する物語なので現在の若者にも是非読んで欲しいです。